▼破産手続について

Q1.破産手続とは何か。

A1.破産手続とは、支払不能または債務超過にある債務者につき、裁判所の監督の下で、すべての資産を換価・現金化して、債権者の皆様への弁済に充てる手続です。債務者が会社である場合は、破産手続終了後、会社が清算・消滅することとなりますので、「清算型」の倒産手続と呼ばれています。
 東京地方裁判所は、株式会社グロワール・ブリエ東京(以下「GB社」といいます。)及びミスプレミアム株式会社(以下「MP社」といいます。)の破産管財人として、進士肇弁護士を選任いたしました。

Q2.破産手続内で既に支払った施術料金の返金を受けられるのか。

A2.破産手続においては、破産管財人が、破産者のすべての資産を換価・現金化し、そのようにして集まった財団から、法律の規定に従って債権者の皆様に弁済ないし配当を行っていくこととなります。
 もっとも、GB社及びMP社は、破産手続開始の申立前にほとんどの資産を株式会社ミュゼプラチナム(以下「ミュゼ社」といいます。)に譲渡済みであり、その対価については運転資金としてそのほとんどが費消されていることから、現在GB社及びMP社には見るべき資産はほとんどなく、現時点においては一般債権者への配当は極めて困難な見通しです。
 なお、各店舗は、既にGB社やMP社の店舗ではなく、ミュゼ社が運営する店舗となっておりますので、返金その他GB社やMP社に関することで店舗を訪問されても対応することはできませんので、悪しからずご了承願います。

Q3.破産手続内で配当を受けるには、どうすればよいか。

A3.顧客の皆様が破産手続内で配当(施術料等の返金)を受けようとされる場合には、所定の用紙に必要事項を記載の上、裁判所に対して、定められた期間内に債権届出をしていただく必要があります。
 もっとも、GB社及びMP社の資産及び負債の状況からして、顧客の皆様に対する配当は極めて困難な状況といわざるを得ませんので、現時点においては、債権届出期間は定められておりませんし、皆様に債権届出の用紙をお送りすることもしておりません。もし、今後、顧客の皆様に対する配当の可能性が出てきた場合には、改めて当ホームページでお知らせした上で、別途、債権届出の用紙を皆様にご送付させていただきますので、当ホームページをご覧下さい。


顧客の皆様向けQ&Aに戻る
トップページへ